食事のポイント

食事のポイント

いくら食べてもダイエットできるってホント?

 

 

「わたし、ダイエットするから」とS子さんが宣言して1ヶ月。最近、なんとなく顔つきもスッキリして、身のこなしも軽くなってきたみたい。でもお腹が空くのはガマンできないわね。S子さんはきっとずいぶん我慢しているよね、えらいわよね。

 

そこで、S子さんにランチを誘われた友達がいうことには、S子さん、ランチバイキングでは、あれやこれやと取ってきて、お皿は山盛り。ダイエット、もうやめたわけ?「あら、もちろん続行中よ。もう3キロも痩せたんだから」だって。え―、こんなに食べているのに、なんで?

 

「栄養がかたよると痩せにくくなるんだって。だから、ダイエット中はこれも食べなきゃ、あれも食べなきゃって、かえって前よりも、いろんなもの食べるようになったの。

 

食事の回数を減らすのも太りやすくなるから、きちんと3回食べるようになったしね。そのせいか、ダイエット始めるる前よりも、カラダの調子がすごく良くなっちゃった。階段なんかも平気でかけのぼれるようになったの。それもダイエットには効いているみたいよ。まあ、もちろん量を食べ過ぎちゃダメなんだけど」。

 

S子さんの食事のポイントは1日にダイエットにいいといわれる食品を30品目を食べるのを目標にしているとか……。バランスよく食べると、カラダが満足して、バカ食いや反動食いしなくなるとか。

 

しかも、貝類や海藻類にキノコ類、寒天やこんにゃくなど、いくら食べてもいい食品もあるそう。いくら食べてもいいものがあるなら、続けられそうな気がしない? ぜひ、見習わないとね

食事のポイント関連ページ

油も肉も食べちゃだめ?
確かに油脂類の食べ過ぎ、摂りすぎはカロリーオーバーになりがちで、厳禁です。しかし、油脂類も大切な栄養素のひとつ。まったく摂らないと、健康を害します。
産後ダイエット
産後ダイエットは6ヶ月が勝負ってホント?
〇〇だけダイエット
リンゴもパイナップルもカラダにいい果物ですが、1種類だけを食べ続けるダイエットは危険なのです。
砂糖中毒
確かに砂糖はクセになります。毎日砂糖を含んだものを飲んだり食べたりしていると、それが当たり前になり、糖分を摂らないと気がすまなくなってしまいます。
朝抜き夜ドカ食い
食べたものは消化されるのに、数時間はかかります。脂肪が燃焼するのはそのあとです。早めに食べて、寝ている間に脂肪を燃やしましょう。

このページの先頭へ戻る