肥満は生活習慣病

肥満は生活習慣病

電車のなかやレストランなどで、肥満の子供を見かけたとします。その親は、とみると、同じように太っているケースが目立ちます。どこから見ても親子そのものです。

 

よく肥満は遺伝性が強い、などといわれますが、真偽のほどはどうでしょう? ある調査報告によると、両親とも正常体重を保持している場合、子どもの肥満発生率は10パーセント。

 

これに対し、両親のうち一方が肥満の場合では50パーセント、両親ともに肥満の場合は80パーセントの割合で肥満児が発生しているということです。また、肥満の子供の兄弟姉妹も、多くが肥満傾向にあるようです。

 

ひとりが肥満ならば、ファミリー揃って肥満、の確率はかなり高そうです。ただし、その原因をすべて遺伝で片付けてしまうことはできません。

 

家族というのは、生活パターンが似てくるもの。同じ食卓を囲めば、食べる物も当然同じです。家族の好物が高脂肪食を代表するステーキやハンバーガー。おまけに運動嫌いとくれば、ペットもその習慣に巻き込まれ、揃って肥満への道を歩むことになるでしょう。

 

結局、肥満とは、遺伝と環境という2つの要因がからみあって発生するものなのです。親が肥満でも、その後の生活習慣によって、肥満にならない人もいるし、親が肥満でなくても、生活習慣によって肥満になる人も、もちろんいます。それが、「肥満は生活習慣病」といわれるゆえんでもあるのです。


このページの先頭へ戻る