水泳で筋肉量を増やす

水泳で筋肉量を増やす

体重が多い人やひざや腰に問題がある人には、浮力により関節の負担を軽減できる水泳がいいでしょう。
水泳は上半身に筋肉をつけることができるので、基礎代謝が高められるメリットがあります。

 

注意したいのは、無理なペースで泳ぐと脈拍数が急激に上がり、有酸素運動が低下することです。
徐々に泳ぐ距離を伸ばしていくことで心肺機能が向上してきます。
そうすると陸上での動きもしだいに楽になってくるでしょう。

 

《水泳・水中運動のメリット&ポイント》

 

浮力があるおかげで、ひざや腰が弱い人や骨粗しょう症の人、かなり体重がある人でも無理なく運動することができるというメリットがあります。

 

水の抵抗を利用して運動負荷量を高め、筋力アップをすると効果的です。

 

水泳をするときはゆっくりと長時間泳いで、有酸素運動の効果を高めましょう。

 

水中エアロビクスや水中歩行は、陸上で行なうよりもエネルギーを消費します。
そのため減量には特に効果的です。
20分以上行なうことで、効果がさらにアップします。

 

水中歩行をする場合は少し前傾姿勢にして、太ももを高く上げてひざから下を前に振りだすようにし、できるだけ大股で歩くようにすると効果的に運動ができます。

 

泳法によるカロリー消費量の違いを見てみましょう。
遠泳、平泳ぎ、クロールでは、断然クロールがカロリー消費量が高く、次いで平泳ぎ、遠泳の順になります。
クロールは平泳ぎの約2倍、遠泳の約2.5倍です。
ちなみに、水中速歩きは遠泳の1/2のカロリー消費量になります。

水泳で筋肉量を増やす関連ページ

ランニングで体脂肪燃焼
走り慣れていない初心者がいきなりハイペースで走ってはいけません。ジョギングやランニングは、最初はゆっくりと無理のないスピード、距離からスタートしましょう。
エアロビクス
エアロビクスは音楽に合わせながら楽しくできるうえ、運動レベルの違う仲間と行なっても、自分に合った運動強度(ペース)をキープすることができるという大きなメリットがあります。
ストレス解消にも期待
趣味として楽しんでいるスポーツがあるようなら、工夫しだいで有酸素運動に変えることができます。

このページの先頭へ戻る