エアロビクス

エアロビクス

エアロビクスは音楽に合わせながら楽しくできるうえ、運動レベルの違う仲間と行なっても、自分に合った運動強度(ペース)をキープすることができるという大きなメリットがあります。

 

最初は、自分に合った運動強度をインストラクターに相談しながら、基本的な動きから習いましょう。
自宅で行なう場合には、ビデオなどを参考にして、運動強度が高くなりすぎないように注意しながら行います。

 

エアロビクスは最初、ローインパクト(片方の足が必ず床についている)からスタートします。
心拍数は1分間に120回前後をキープし、15〜20分程度を目安に行ないましょう。

 

初めは筋肉の温度や心拍数が徐々に上がるようにリズミカルなウオーキングやストレッチを組み入れてみます。
慣れてきたら、筋トレ効果のある動きを取り入れて、30〜40分程度続ければより効果的になります。

 

《エアロビクスのポイント》
音楽に合わせて、リズミカルに行ないます。
鏡で常に自分の姿勢を確認しながら行います。
心拍数は1分間に120〜130拍分をキープするようにしましょう。
水分補給をこまめにして、のどの乾きを感じる前に補給します。
床が固い場合には、足を痛めないために、底が厚めのシューズを履いて行います。

 

心拍数は120回/分になるようにして、息が上がらず、仲間と話をしながら楽しく動くことができる程度のペースで行うといいです。

エアロビクス関連ページ

ランニングで体脂肪燃焼
走り慣れていない初心者がいきなりハイペースで走ってはいけません。ジョギングやランニングは、最初はゆっくりと無理のないスピード、距離からスタートしましょう。
水泳で筋肉量を増やす
体重が多い人やひざや腰に問題がある人には、浮力により関節の負担を軽減できる水泳がいいでしょう。
ストレス解消にも期待
趣味として楽しんでいるスポーツがあるようなら、工夫しだいで有酸素運動に変えることができます。

このページの先頭へ戻る