ランニングで体脂肪燃焼

ランニングで体脂肪燃焼

ウォーキングは歩くので片足が必ず地面についていますが、ジョギングやランニングは走るので両足が宙に浮いている瞬間があります。
そしてジョギングやランニングはスピードがある分、着地時に足首、膝、腰への負担が高くなります。
走り慣れていない初心者がいきなりハイペースで走ってはいけません。
ジョギングやランニングは、最初はゆっくりと無理のないスピード、距離からスタートしましょう。

 

また、初めはウォーキングとジョギングを組み合わせて行うと、無理なく走ることに慣れていきます。
最初は12分間を1単位として、その中にウォーキングとジョギングを短い間隔で組み合わせていき、次第にジョギングの割合を増やしていくのがいいでしょう。

 

一般的に、ジョギングとランニングは走るスピードで区分されることが多くです。
ジョギングは時速5〜7km、ランニングは時速7km 以上と、ジョギングはランニングよりもゆっくりのペースになります。

 

なので、ジョギングは初めて有酸素運動をする人や走り慣れていない人には最適といえるでしょう。
ただし、最近では走ること全体をランニングと称する傾向にあります。

 

初心者向きの足慣らしプログラムで走ることに慣れて、ある程度ペースアップしても脈拍数が上がらなくなってきたら、中級用へ進みます。
最終的にはランニングのペースへと走ることができるようになりましょう。
ランニングが楽にできるレベルになれば、体脂肪の燃焼効率も、格段に上がっているはずです。

ランニングで体脂肪燃焼関連ページ

エアロビクス
エアロビクスは音楽に合わせながら楽しくできるうえ、運動レベルの違う仲間と行なっても、自分に合った運動強度(ペース)をキープすることができるという大きなメリットがあります。
水泳で筋肉量を増やす
体重が多い人やひざや腰に問題がある人には、浮力により関節の負担を軽減できる水泳がいいでしょう。
ストレス解消にも期待
趣味として楽しんでいるスポーツがあるようなら、工夫しだいで有酸素運動に変えることができます。

このページの先頭へ戻る