早食いはおデブの早い道

早食いはおデブの早い道

こんなに動いているのになぜ太る?

 

 

制作会社に入りADとしてがんばっているK子さんですが、仕事は思った以上にハード。毎日毎日一日中夜も遅くまで走りまわり、ゆっくり食事を摂れた試しがないくらい大忙しです。

 

「こんなに動き回って疲れて眠るだけなんだもん、少しは痩せたんじゃないかしら」と久々にヘルスメーターに乗ってみました。ところが、超ショック! この半年で、しっかり5キロも太ってしまっています。

 

こんなに動き回っているのに、そしてこんなに毎日疲れきっているのに、どうして? ほんとに体重とは理不尽なものです。しかし、機械はウソはつきません。朝食も昼食も取らず、お腹ペコペコだからといって仕事の合間、会社の冷蔵庫をゴソゴソかきまわし、もらい物のお菓子をバクバクと口に詰め込み、とにかく飲み下す。

 

早食いのクセがつき、時間のあるときでさえ早食いするようになっていました。早食いはおデブの早い道です。ダイエットをしたいのであれば、早食いだけはやめましょう。

 

早食いになるのはお腹がすごくすいているときと、単純に時間が足りないとき。早食いすると噛む回数が少ないから、おなかがいっぱいと感じるまでに時間がかかり、結果たくさん食べてしまいます。

 

というわけで、ダイエットしたいのであればよく噛みましょう。十分噛むことによって満腹中枢が刺激されて、量はそんなに食べなくても満腹感を感じることができるのです。

早食いはおデブの早い道関連ページ

幸せ太り
あこがれの3食昼寝つき、幸せ太りは不幸の始まり?
減食で人生の楽しみも半減する
人生の楽しみのなかで“食べること”は、大きな割合を占めています。もし、食べる楽しみがなくなってしまったら?
昼ごはんはほどよい空腹感でゆっくり食べる
朝ごはんを食べていない人は、昼にはお腹がペコペコ! 当然、お昼ご飯ではすごいスピードで、お腹がいっぱいになるまでガツガツ食べてしまうことになります。これが「ドカ食い」です。

このページの先頭へ戻る