3食きちんと食べて運動する

3食きちんと食べて運動する

減食すると、健康を維持するうえで必要な栄養素が不足がちになってしまいます。3大栄養素といえば、タンパク質、炭水化物、脂肪ですが、そのなかでたんぱく質はカラダをつくるうえで基本となる大切な栄養素です。

 

筋肉も骨も、タンパク質で構成されているし、細胞や血管も、タンパク質がなければつくりを維持できなくなります。よく、低カロリーの食事を食べながら、サプリメントでたんぱく質をおぎなっている人がいます。

 

でも、それは体内でたんぱく質がスムーズに合成されることにはつながりません。食事制限によってカラダの機能が低下すれば、いくらカラダにとって大切な栄養を与えても、たんぱく質づくりを活発化することはできないのです。

 

つまり、筋肉の量を増やしたり、骨密度を高めることもできなくなってしまうのです。心身ともに健康に痩せるのには、ひもじいダイエットというのは効果ゼロなんです。

 

では、どうすればいいのでしょうか。答えは簡単です。食べながら痩せる方法を考えればいいのです。3食きちんと食べ、運動もきちんと行うこと。その基本ルールに加え、食べるタイミング、素材、調理法、演出などで、ひと工夫すれば、楽しく食べながら痩せることが十分に可能です。

3食きちんと食べて運動する関連ページ

体のSOS信号を見逃さない
ひもじいダイエットを繰り返せば、大事な筋肉や骨も失われることをよく考えなければなりません。

このページの先頭へ戻る