キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットのやり方には、2つのパターンがあります。
まず1つ目は、食事の前にキャベツを食べる方法です。
この時食べる量は6分の1玉が目安です。
これを、歯ごたえが残るように大き目のざく切りにして、食事前にすべて食べてしまいます。
その後食事をするのですが、この時の食事は特に制限はなく、好きなものを食べても良いとされています。
実際に食べてみると、キャベツの後はあまりたくさん食べられないものです。
少量の食事で満足できると言うのは、ダイエット効果を得るために大切なことですよね、
2つ目は、キャベツを主食代わりに食べる方法です。
食べるタイミングは食前ではなく、主食と同じようにほかのおかずと一緒に食べます。
主食代わりなので、ごはんや麺類、パンなどは食べません。
どちらの方法もカロリーオーバーを防ぐことが目的ですので、早めにキャベツを食べます。
2つ目の方法では、主食をキャベツに置き換えることで結果的に食事のカロリーを大幅にカットすることができます。
2つのキャベツダイエット法のうち、どちらが自分に合っているかよく考えて実践しましょう。
よりカロリーを抑えるなら、1つ目の方法、続けやすいのは2つ目の方法といわれています。
できるだけ長続きできそうな方法を選んでダイエットを成功させたいですね。

キャベツダイエットの方法関連ページ

キャベツダイエットとは
一日の総摂取カロリーを減らしながら、お腹いっぱい食べられるダイエット方法が、キャベツダイエットです。
キャベツダイエットのデメリット
キャベツダイエットは、多くの人から高い関心を集めています。しかし、だからといってデメリットが一切ないわけではありません。

このページの先頭へ戻る