キャベツダイエットのデメリット

キャベツダイエットのデメリット

キャベツダイエットは、多くの人から高い関心を集めています。
しかし、だからといってデメリットが一切ないわけではありません。
やはり毎日毎食キャベツを食べるというのは飽きてしまうものです。
ダイエットに適したざく切りキャベツは、歯ごたえがあるのでけっこう噛まないと飲み込めません。
はじめは良くても、そのうちキャベツを食べること自体が面倒になって、飽きてしまうことがあります。
飽きずにキャベツを食べてキレイに痩せるためには、調理法や味付けをひと工夫するのがおすすめです。
塩、しょうゆ、ノンオイルドレッシングなどを使用して、味付けをアレンジしてみましょう。
オイルを使用したドレッシングやマヨネーズは、高カロリーなので使いすぎるとダイエットの失敗のもとになっつぃまいます。
たくさんかけすぎないように注意しましょう。
また、週に1回くらいならキャベツの代わりにトマトやセロリを食べる方法に切り替えるのもOKです。
キャベツばかり食べるのが苦痛になった、もうやめたい、と思った場合には、こうして食べ方や食べる物を変えて切り替えることが大切です。
ダイエットの大敵となるストレス、そして挫折の最大の原因である飽きが、キャベツダイエットのデメリットといえるでしょう。
ただ、キャベツダイエットは主食のかわりにしたり食前に食べるだけで簡単にできる簡単ダイエットです。
空腹を我慢せずにダイエットできる数少ない方法なので、
できるだけうまく続けていきたいですよね。
咀嚼するのが面倒で食べたくなくなってきた、という場合には、たまに千切りにしたり、少し電子レンジで加熱するなどして、食べやすくしてみましょう。

キャベツダイエットのデメリット関連ページ

キャベツダイエットとは
一日の総摂取カロリーを減らしながら、お腹いっぱい食べられるダイエット方法が、キャベツダイエットです。
キャベツダイエットの方法
キャベツダイエットのやり方には、2つのパターンがあります。まず1つ目は、食事の前にキャベツを食べる方法です。

このページの先頭へ戻る