キャベツダイエットとは

キャベツダイエットとは

一日の総摂取カロリーを減らしながら、お腹いっぱい食べられるダイエット方法が、キャベツダイエットです。
低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれるキャベツを食前に食べたり、主食代わりにすることで効率的に痩せるというのがこのダイエット法の特徴です。
キャベツダイエットではなくても、ダイエット中にキャベツを摂取するのはおすすめです。
キャベツダイエットの最大のメリットは、空腹感を感じることなく大幅に食事を減らせることです。
空腹のストレスのないダイエットができるのはうれしいことですね。
食事をよく噛んで食べることはダイエットのポイントですが、キャベツのように歯応えがある食材はまさにピッタリです。
食物繊維と水分も摂取できるので健康的ですね。
食事でカロリーオーバーにならないよう、食前のキャベツで胃袋をある程度満たしておくのがポイントなので、ざく切りで食べるのが良いと思います。
キャベツは100g当たり23kcalしかない低カロリー食材。
できるだけ低カロリーで済ませたい夕食時や、小腹がすいた時にキャベツを食べることで、カロリーをとりすぎずに空腹を紛らわすことができます。
キャベツは季節を問わず年中スーパーで購入できることもあり、とても取り入れやすいと思います。
なかなか手に入らない食材や高価な食品を使ったダイエットは、長続きしないですよね。
その点キャベツは年中簡単に手に入り、価格も安いのでお金をかけずダイエットができます。

キャベツダイエットとは関連ページ

キャベツダイエットのデメリット
キャベツダイエットは、多くの人から高い関心を集めています。しかし、だからといってデメリットが一切ないわけではありません。
キャベツダイエットの方法
キャベツダイエットのやり方には、2つのパターンがあります。まず1つ目は、食事の前にキャベツを食べる方法です。

このページの先頭へ戻る